懐古主義への決別

最近ショックなニュースを聞いた…

自分の近所に、木造校舎の小学校の廃校「八石分校」があり、
僕も小さい頃は書道教室を習いにそこに通っていた事もある。

その木造校舎は、僕の父親の世代が使っていたが、
僕が物心ついた頃には、週1回の書道教室か、
倉庫代わりにしか使っていなかった。

僕は小さい頃からこの木造の校舎を見て育ち、
この辺の景色をつくるシンボル的な建物であり、
思い入れも結構ある。

それが来年壊されるらしい…

最初この現実を知ったときは、
どうにかして残す方法がないかとかいろいろと考えてみた。
でも、最近はこう思う。
壊されるには理由があり、残される物にも理由がある…

話しは、変わるけど
最近まで、僕は福井市内の大和田地区の現状に対して嫌気がさしていた。

モダンな建物と商売根性むき出しの家電店や飲食店の融合。
そして、次から次へと増えていく全国チェーン店により、
全国の幹線道路沿いのよくある風景化していく景観に…

僕が順化に事務所を移動したのは、このフラット化する景観に
エスケープもしくは、毎日を少しでもアミューズメント化したいがために
移ったと思う。

何年か前に、ニューヨークを旅したときに
SOHOの現状を聞いた。
そして、SOHOにかわり今のシーンはチェルシーだと。
あれから数年たつけど今は何処がシーンなんだろう…

人は成長する事が大好きで、
変わらないと生きていけないんだろう。
次から次へと見た事もない物への欲求…
そして、創るという欲求。

大和田に人が集まりだしたら、
大衆を嫌う人達は違う場所に刺激を求め、
またそこが成熟したらまた違う場所を求めるんだろう。

それは、ニューヨークでも福井でも一緒である。
次から次へとシーンを求める人間の根底にあるマインドなんだろう…

僕の大好きな木造校舎の八石分校も
僕が産まれて33年間ずーっといてくれたし、
僕が産まれる前には大活躍していたし、
もう充分に活用されたと思う。

残されないのには、理由があるんだとおもう。
そして、変わるという事を認めないといけない。
壊されてなくならないと成長しない。
そして、なくなった後には新しい何かが産まれる事を
信じようと思う。

自分的にこの景観はないかなーなんて思っていても、
認めないといけないんだな〜って事に最近気がついた。
いろいろな移り変わりはとても大事であり、
創造意欲の塊であるから…

クリエイターとして生きていく以上、
懐古主義への決別をしなくてはいけない。
伝統や文化というものは、新しい創造がないと産まれないから。

法隆寺の五重塔なんて、建設したときは屋根を五つも作るなんて
ありえないぐらいモダンだっただろうから…

そんな事を壊されていく八石分校を思いながら考える。



P.S.
八石分校は、
来年の3月までに壊されます。
2階は、そのまんま昭和40年代です。
是非、いままだあるうちに観に来てください。
少しでも皆さんの頭の片隅に残っていてくれると嬉しいです。

大きな地図で見る




株式會社ヒュージ 代表 内田裕規



株式會社ヒュージとは、福井と東京で、
紙からweb、映像までをMashupして
クリエイトするデザイン会社です。
 


MASHUP 〜混ぜ合わせ〜

先日のMattによる「INTRODUCTION TO MASHUP」のセミナーに
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

現在の流れ、これからの流れを
少しでも感じていただけたでしょうか?

MASHUP…
ようは
Mixture 〜ミクスチャー〜 なんですが、

今回、Mattの言っている事を聞いていて
改めて納得したのが、素材が良くないとMASHUPにならないという事…

やはりマズいものはマズい。
でも、
素材が良ければどんどん美味しくなる。

時代が進んで、どんどん変化していって、
メディアの多様化、ITの進歩により
すごく複雑化しているように感じますが、
複雑化しているようで、ただ本質だけに削ぎ落とされているような
そんな感覚も感じました。

シンプルに…
素材が良くないといけないんです…

いろいろと小手先の戦略も大事ですが、
大事なのは素材。

うーむ納得。

人として、商品として、お店として、会社として…
素材が良くないと、料理のしようがない。

がんばらないと…。
まずは自分自身が
素材として美味しくなるように磨きます。

新しいメディアの勉強から
いろいろな未来が見えた夜でした。

また、皆さんと一緒に新しい何かを勉強しましよう!
ありがとうございました。


Created with Admarket's flickrSLiDR.



そして、今日はFLATのWORK SHOPがありました。
今回もたくさんの人が来てくれました。
本当にありがとうございます。

やっぱり人が多いと作業の進み方が違いますね。
本当に皆さんお疲れさまでした。

はやくFLATの中で、いろんなセッションしたいですね。

そして、FLATも素材としてちゃんと良いものになるよう
皆で力を合わせてがんばりましょう!!



Created with Admarket's flickrSLiDR.


ある方が、言っていました
「福井はみんな個々でいろいろやっていて
横の繋がりがないよね…」

MASHUPじゃないですが、
やっぱり素材として良くないと、絡んでこないし
絡みたいともおもわないと思います。

HUDGEFLATも皆が絡んでくれるように
がんばらなきゃな。



株式會社ヒュージ 内田裕規





 


INTRODUCTION TO MASHUP

本日は、HUDGEにて、
Mattによる
「INTRODUCTION TO MASHUP」を
開催します。
皆さんお楽しみに!!

昨日は、おおい町、敦賀市と
台風の中、お客さんとMTGで嶺南に行って来ました。
また、夜は久保田さんとDINNER MTGを…

人と会って、話しを聞くのは
本当にいろいろと勉強になります。
次から次へと、思いもよらない情報が聞けます。
なんだかリアルなネットサーフィン。

今夜もHUDGEで
Fun to RIDEしましょう!!






株式會社ヒュージ 内田裕規



 


はじめましてMATTです。

HUDGE inc.に新しい仲間が加わりました。
彼の名前はMatthew "MATT" Chana (マシュー ”マット" チャナ)といいます。
みなさんマットと呼んでください。

僕とマットとは、3年前に東京で出会いました。
東京では英国新聞エコノミストインテリジェンスユニットで
インターンとして働き、その後、
CCRエンターテイメントという会社で
アシスタントプロデューサーをしていました。

そこから、もっとクリエイティブな映像を勉強したくて
アメリカのボストンにある
エマーソン大学の大学院であるビジュアル メディア アーツに行きました。
そこでは、ドキュメンタリー学科とニューメディア学科を専攻しました。

エマーソン大学院では、
アメリカの国営放送であるPBSのなかでも
一番視聴率がある番組をつくる
WGBHボストン支局でも
インターンとして経験を積みました。

そんなマットですが、
ものづくりの文化と食の文化が
色濃く残る福井で、日本の文化を勉強しつつ
映像と野菜をクリエイトしたいと
ヒュージにやってきました。

ヒュージでは、これから新しいメディアを
マットと共に創っていきたいと思います。

そんなマットが学んで来た
世界的に普及しつつある
新しいメディアの流れを
僕達も教えてもらういい機会ですので
今週の金曜日から、
マットによるセミナーを開こうと思います。


↓↓↓↓↓

===================================================
「INTRODUCTION TO MASHUP」
〜マッシュアップ(混ぜ合わせ)による新しい宣伝方法の流れ〜
===================================================


いままでの広告は企業が売りたい商品を宣伝する為に、
マスメディアとインターネットだけでいかに効果を出すかを考えてきました。
しかし、最近では、メディアの多様化により
それだけでは効果が薄くなって来ています。

そんな時代にいち早く気付いた企業が
いまや売りたい商品の簡単なCMの映像素材を出して、
クリエイターが、自由にその素材を使い
その商品の新しくておもしろいCMを創る事によって、
クリエイター自身の宣伝にもなり、商品の宣伝にもなるような
新しい流れを創りだしました。

この新しい流れは、マッシュアップを活用することで出来ます。

マッシュアップとは、
いろいろな素材を混ぜ合わせるという意味で、
マスメディア、映像、音楽、web…
それぞれをクリエイターが自由に混ぜ合わせるということです。

そんな広報戦略の最先端のひとつである
「マッシュアップ」にフォーカスしたセミナーをしたいと思います。

世界的に流行っている楽しくてユニークな事例をいくつか出しながら、
メディア活用の最先端をお話ししたいと思います。

皆さんお楽しみに!!





「INTRODUCTION TO MASHUP」
〜マッシュアップ(混ぜ合わせ)による新しい宣伝方法の流れ〜

日 時:10月9日(金) 19:30~20:30
会 場:HUDGE inc. スタジオ内 福井県福井市順化2丁目3-8 前川ビル2F
(駐車場がございませんのでコインパーキングもしくは公共交通機関にてご来場ください)
受講料:1,500円

<お申し込みの方>
下記の内容をご記入の上
10月8日 18時までに
E-mail info@hudge.jp にて
お申し込みください。

1.氏名
2.年齢
3.性別
4.職業
5.連絡先

<お問い合わせ>
株式會社ヒュージ
「INTRODUCTION TO MASHUP」セミナー係まで
Tel.0776-21-0990
Fax.0776-21-0991
E-mail info@hudge.jp

<HUDGE inc. MAP>
大きな地図で見る




株式會社ヒュージ 代表 内田裕規










 


デザイン日和

10月1日はデザインの日です。
何年か前のこの日にデザイナーの端くれとして
デザインを語るようなラジオ番組に
出演させていただいた覚えがあります。

あの時どんな事しゃべったかな〜
今聞くと恥ずかしい事言ってんのかな〜
でも、いい思い出です。

で、デザインの日という事で
頭に浮かんだのが
福井が生んだデザイナー川崎和男 氏

実際、お会いした事もありませんが、
flatの藤田さんが川崎事務所に勤めていたので
いろいろと川崎氏のお話を聞く事があるくらいですが…

一番おどろいたのは何気にみてた「情熱大陸」に
川崎氏が出演したのをみてて福井県出身だったのを知り、
福井県出身で「グッドデザイン賞審査委員長」を
務めている人がいるんだーって当時衝撃を受けた覚えがあります。

そんな、川崎和男 氏のblogですが、
水の事を取り上げてますね。
かなり面白いです。
こちらのofficial blogも勉強になりそうですが…

前に読んだ「水戦争―水資源争奪の最終戦争が始まった 」を思い出しました。
この本呼んだときは衝撃的でした。

そんな今、おいしい水を飲みながら書いていますが
僕が住んでいる「いまだて」には有名な湧き水が出るところがあります。
不老長寿の名水「石堂の水」です。
県外からも汲みに来るほどです。

この水で炊いた米はしばらく置いといても黄色くならないそうです。
不思議ですね…

でも、ほんと水に恵まれている日本は天国ですね。
湧き出る水を飲める事を大切にしていきたいです。

デザインからかなり水の話しにいっちゃいましたが、

ふくいのおいしい水




「このラベルのデザインは、もっと、国際的、かつタイトルは直接的だが、
デザインは一考してほしいのだ!」…と川崎氏のblogにも書いてありました。

じつは、HUDGEもあわら温泉 べにや様の「べにやの水」の
ラベルデザインを先日しましたが、ほんとパッケージ大事ですね。

世界の水のボトルデザインはかなりカッコ良いです。

voss

デザイン日和。

今日はどんなデザインをしようかな…




株式會社ヒュージ 内田裕規





 


What are you doing?

ブンちゃんが設定してくれて
twitterデビューしました。

これから実験しながら勉強します。
よろしくです。

http://twitter.com/HUDGEinc

で、最近HIDEAWAYで知り合った
芝ちゃんの扱っているブランド
http://criticalslidesociety.blogspot.com/
カッコいいです!

芝ちゃんのお店
Far East
是非!!


株式會社ヒュージ 代表 内田裕規

 


HUDGE FREE PAPER!!


Informationページにも更新をしたのですが、

ヒュージのフリーペーパーを今月から始める事にしました。

HUDGEのフリーペーパー


デザインへの想い、
携わらせて頂いた仕事の事、
flatの事などなど…

内容ぎっしりでお送り致します。


ぜひ、ご一読下さい。




また、 メールマガジンなども発刊しています。

興味のある方はぜひご登録お願い致します。




株式會社ヒュージ 中村文信
 


勉強会

無事勉強会を終えました。








すごく面白いことになってきました。
楽しい動きが出来そうです。

では今から懇親会行っていきます!



株式會社ヒュージ 中村文信
 


2009年スタートです

今年もはじまりました。

中村は伊勢神宮に行ってきたみたいだし
川端は年末に北海道へ

旭山動物園のペンギンの行進がほんとうに可愛いらしいです
やっぱり見にいかないとなぁ〜
広報戦略やサービスの秘訣がそこにもありそうですもんね

みんなそれぞれ動いて、いろんなモノを見て感じて
それがクリエイティブの肥やしになるとおもいます
スタッフみんな今年も動きまくろう!

そして、今年の目標は「己に勝つ」です
鈴木正三 の言葉に
「己に勝つを賢とし、己が心に負けて悩むを愚とす」
というのがありますが、
今年は一日一日を大事にして
自分に厳しく、予定を計画通り進めて
気持ちのよい日々を多く過ごせるように
努力していきたいと思います




今年も厳しい年になりそうです
厳しい年だからこそ生きていける人は
自分に厳しく、失敗を恐れず、勇気をもって立ち上がり
“変化“を受け入れ、実際に行動に移すことができる人だと思います


新年明けましておめでとうございます
今年は皆様にとっても自分達にとっても
達成感に満ちあふれた年でありますように



株式會社ヒュージ 代表 内田裕規

 


あけましておめでとうございます

昨年お世話になったみなさま
そして、また今年新たに出会うであろうみなさま
今年も何卒よろしくお願い致します。

本日あさから雪が降り続いていますが、
すご〜くのんびりと雪がちらつくのを見ながら
薪ストーブにあたってコーヒーを飲みながら
忙しくて読めなかった本や雑誌を読んでいます。

で、元旦早々オノ・ヨーコのインタビュー記事を読んでまして
彼女が日本の十代の人達に語ったメッセージがとっても良かったので紹介します。


「これからの世界には、いろんなこと、すてきなことがいろいろ起こると思うんです。
 だから今の十代の人達はすごくラッキーだと思いますね。
 気がついていない人が多いと思うのですが、みなさんには、誰にでも、
 ものごとをはじめるすごい能力が備わっているんです。
 そのパワーに気づき、それをおおいに発揮してほしいをおもいますね」


「若い人達にはね、自分たちの内在しているエネルギーっていうものに、
 信頼をもってください」


「そのエネルギー、潜在的なパワーが、次の世界を作るんだから」


「信頼を持ってください。信頼っていうのは要するに、自分の持った
『夢は必ず叶う』んだっていう、そういう事を信じて下さい」


「実はあなたにももの凄いパワーが備わっているという事を信じて下さい」


なんか、元旦早々良いものを読んでラッキーだな〜って思いました。
このメッセージ、自分はもう三十代ですが凄くパワーをもらえました。
今年も夢を信じてがんばります。決して諦めないように

で、日頃TVをほとんど見ないので
すごく時代遅れになっているんですが(特に芸能)
年末年始は結構TVを見てて
こちらもすごくラッキーだな〜って思ったのが
この曲を知った事です。

アンジェラ・アキの「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜 」
なんかヤバいぐらい凄く感動しました。
なんだろう…いまは今でいろんな悩みや、うまくいかないこともたくさんあるけど
15のときは15のときでいろいろあったな〜って思い出して…
15のときに思っていた理想に少しでも近づけるように
そしてそれ以上に成長出来ているようがんばろう。



なんか、オノ・ヨーコといい、アンジェラ・アキといい
二人とものメッセージが十代に向けたものでしたが
このメッセージに感じたことは、
自分にとって何かしらのメッセージだとおもいますので
十代のように青っぽく今年はいきたいなとおもいます。

今年もみなさまよろしくお願い致します。



株式會社ヒュージ 代表 内田裕規



 



株式會社ヒュージ グラフィックデザイン・ウェブデザイン・映像の制作会社



CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SELECT ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVE

COMMENT

LINK

PROFILE

書いた記事数:768 最後に更新した日:2018/11/19

SEARCH

HUDGEinc.

Facebookページも宣伝

OTHERS