Twitterについて ーその1ー



Twitterって何って良く聞かれます。
これを使ってどうするの?とも…

なので僕なりにTwitterについてかきます。
賛否両論あるでしょうが、全部読んで意見あったら、
コメントでも直メールでもお待ちしております。


簡単に言えばTwitterとはミニブログ。
140文字制限があるので書きやすくアップしやすく
ツイート(Twitterに書き込むこと)までに考える思考が少ないので
状況や趣向が割と出やすいものなのではないかな〜と思います。

フォロー(他のユーザーの投稿を自分のタイムラインで
表示できるように、ユーザーを登録すること)したユーザーの
ツイートが自分のHOMEにタイムラインとして表示されます。

そうやって相手の情報を得て、
自分の情報を発信する。
堅くなく。

ブログと違うのはこの独特のゆるさだと思います。
タイムライン上にだーーーっと流れていくメッセージなので
特に返事を返さなくてもよかったり、
自分の気になったことに対して返事をしたり。
またそれに対しての返事は自分は求めなかったり。
けっこういい放しなところがあります。

なので興味の合う人が
おおきくて緩和されたコミュニティの中で
繋がりやすい傾向にあるのではないかと思います。

独特のゆるさっていうのは
このコミュニティの境界が
結構曖昧なんだと感じます。
境界はあるけど、境界線はない感じ。
(言葉って難しい)


そして興味のあることに関しては
芸能人も著名人も対等な関係なのもおもしろいと思います。

例えば先日、
原研哉さんがウェブのフォントについて
かるくツイートしたところから
色んな方からの意見や感想がのべられ
朝方まで盛り上がりました。
原さんの頭の中が垣間見られ、
双方感のコミュニケーションが生まれたんたんだと
あとでみて思いました。

こんな感じです
http://togetter.com/li/7793

ここではどこの誰かが
ちょっとだけ分かる人と
同じ目線でいる。

なんだか、これを見たあと
原さんが近くに感じませんか??


たぶんこういうことなんじゃないかなぁと思っています。


もちろん直接会ってのコミュニケーションや
対個人に対してのコミュニケーションってすごく大切です。

でも、こんなコミュニケーションの方法もあるってことも
これを見て感じました。


じゃ〜どうするのって事は
また今度書きます。


HUDGEツイッター http://twitter.com/HUDGEinc
flatツイッター http://twitter.com/flat_fukui




HUDGE Inc. Fuminobu Nakamura -BUN-
 


コメント
コメントする








   

株式會社ヒュージ グラフィックデザイン・ウェブデザイン・映像の制作会社



CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SELECT ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVE

COMMENT

LINK

PROFILE

書いた記事数:776 最後に更新した日:2019/10/01

SEARCH

HUDGEinc.

Facebookページも宣伝

OTHERS