心に残るもの

秋が近づくと何だか本が読みたくなります。

「どの本が好き?」と聞かれたら、必ず思い浮かぶ心に残っている本。
わたしが中学生の時に読んだ「はてしない物語」という本です。

映画「ネバーエンディングストーリー」の原作です。

厚くて大きくて重たくて...細かい所まで綺麗で...
ただ綺麗にデザインされているだけではなく、
この本の装丁自体が「はてしない物語」で...
読むと物語と自分が一体化したような...

わくわく、ドキドキ...不思議な気分になります。

私が何年もたってもこの本のことを思い出すのは、
「作者の思い」と「物語」と「デザイン」が強くリンクしていたから。

私がこの本のことを思い出したように、誰かの心に残るような。
わくわくやドキドキさせるようなものを生み出すようなお手伝いをしたい。

改めてそう思いました。

株式會社ヒュージ 安竹ゆい


 


千年未来映画祭

まだちょっと肌寒いですが、
春に向けてイベントが沢山開催されています。
気持ちだけでも、春のように暖かくしましょう。

東日本大震災復興支援企画として、
3.11映画祭『希望の明日へ 』を去年の3月10日、11日に開催しました。

東日本大震災から2年経過した今年も「千年未来映画祭」名前を変えて
3月9日(土)、10日(日)と開催します。


今回の映画祭では去年と同様に3本の映画を上映します。
「現在」「過去」「未来」をを考えられる素晴らしい映画ばかりです。

また今年はジョイント企画として、
今立図書館にて世界に誇る日本のアートアニメーションを上映する
「アートアニメーション劇場」も同時開催します!

斬新な手法を多彩に駆使した作品や
手塚治虫、宮崎駿などなど豪華スタッフが制作した作品
世界的な漫画家で福井出身の久里洋ニの作品を一挙上映。

小さいお子様から大人の私達まで
ゆっくり、だけれど確実に揺さぶられる映画祭となっています。
ご家族、お友達とどうぞご参加ください。


株式會社ヒュージ 安竹ゆい yui YASUTAKE

………………………………………………………………………………………………

2013年3月9日(土)、10日(日) 

上映作品
1・100,000年後の安全
2・森ウルフ 零零から愛を植える
3・ドキュメンタリー 越前和紙


3.11東日本大震災から2年。
地震、津波、原発事故という
未曾有の大災害を経験した私たちは、今何を選択し、行動し、
何を子どもたちに伝えていかなければいけないか。
昨年の「3.11映画祭」の思いを持続する場として、
そのメッセージを発信する場として
「千年未来映画祭」を企画しました。

上映作品は

「森ウルフ」
「100,000年後の安全」
「越前和紙」3本

「森ウルフ」は昨年封切られた作品。
カリスマ的植物生態学者宮脇昭の、未来を志向し、
森づくりに人生をかけてきた強烈な思いが充満する
遺言ドキュメンタリー。その熱気がアップテンポで
ビンビン伝わってきます。

「100,000年後の安全」は2010年パリ国際環境映画祭
グランプリを獲得した作品。放射性廃棄物を抱え込んだ人類、
一旦地下深くに埋めて、その危険性を10万年後の子孫に
どう伝えるかという極めて困難な課題を提起。
その圧倒的な映像美と静謐な音楽に酔うことができます。

「越前和紙」は1500年持続してきた紙漉きの技術と精神性を、
地場の自然と人々の日常の営為から淡々と紡ぎ出す
ドキュメンタリー作品。
1990年制作イタリア・ポポリ映画祭民族部門入選。

映画祭1週間前の3月2日3日にはプレ企画として
「シェーナウの想い〜自然エネルギー社会を子どもたちに」を
SIPYホールにて上映。また本映画祭のサブ会場今立図書館では
親子で楽しめる日本アートアニメの傑作群を一挙上映。
豪華なラインナップの「千年未来映画祭」へ
皆様のご来場をお待ちしています。
(文責:田中秀幸)


会場
越前市いまだて芸術館・ホール

上映日時
3/9

10:00〜11:00「越前和紙」
11:15〜12:40「森ウルフ」
13:00〜14:19「100.000念後の安全」
14:30〜15:30「越前和紙」
15:45〜17:10「森ウルフ」

3/10

10:00〜11:00「越前和紙」
11:15〜12:40「森ウルフ」
13:00〜14:19「100.000念後の安全」
14:30〜15:55「森ウルフ」


料金
1作品1回 500円
3 作品 1,000円
※18歳以下1作品1回100円

お問合せ先 ( 観賞券取り扱い )
越前市文化センター  0778-23-5057
越前市いまだて芸術館 0778-42-2700
鯖江市文化センター  0778-52-7430

主催:千年未来映画祭実行委員会、財団法人越前市文化振興・施設管理事業団
主管:越前市八ッ杉森林学習センター 協賛:社団法人福井県緑化推進委員会
企画協力:福井映画祭実行委員会、国際有機農業映画祭in池田、環境文化研究所
福井県和紙工業協同組合、ロハス越前
後援:越前市、越前市教育委員会、福井新聞社、FBC福井放送、福井テレビ、FM福井
月刊ウララ、丹南ケーブルテレビ、たんなんFM79.1、株式會社ヒュージ

関連企画
森のカフェ/食工房 野の花
フードコート/八ッ杉厨房、公楽 THE MONDAY KITCHIN
バザール/今立八ッ杉陶芸会 ほか


ジョイント企画
未来へつなぐ「アートアニメーション劇場」

世界に誇る日本のアニメーション。
越前市図書館が所蔵するアートアニメコレクションから、
斬新な手法を多彩に駆使した「いなかねずみとまちねずみ」「つるのおんがえし」
「マッチ売りの少女」。手塚 治虫、宮崎 駿も制作に参加した「草原の子テングリ」
世界的な漫画家 久里洋二の実験アニメなど傑作群をセレクトし一挙上映します。

2013年3月9日(土)、10日(日) 
開場:今立図書館2F 視聴覚室 10:30〜
入場無料


読書推進事業
「としょかんかたつむり」

絵本を中心とした物語形式の読み聞かせと演奏を行います
アイリッシュハープ演奏:窪田ひとみ

2013年3月10日(日)
時間:14:00〜15:30
会場:今立図書館 IF フロアー
入場無料

主催:越前市図書館 共催:ボランティア絵本の森
お問い合わせ:今立図書館 TEL:0778-43-0229


 


ごはんも食べれるパン屋さん


ロゴ等でお手伝いさせて頂いた
ごはんも食べれるパン屋さんの樹良さん。

本日移転OPENです!

今回も嬉しい事に移転OPENの際に
必要なツールのお手伝いをさせて頂きました。

約1ヶ月ほどで移転OPENされた樹良さん。
移転の準備でとても大変だったと思いますが、
忙しい中でもDMを1枚1枚お客様に向けて
丁寧に書かれていて胸がとても温かくなりました。
愛されるお店というのはこういう事なんですね。

新作のパンもあるそうなので、
気になる方はちょっとお早めに!

[カフェ ブーランジュリ ジュラ]
〒918-8112 福井市下馬1丁目102
tel 0776-33-3503(駐車場6台、カフェ14席)

[カフェ]
定休 / 水曜・第1・3・5火曜
open 12:00 - 21:00 (L.O. 20:30)
lunch time 12:00 - 15:00
[パ ン]
定休 / 火・水曜
open 12:00 - 20:00

グーグルマップではうまく表示されないのですが、サンケーエスさんのお隣です!

※カフェスペースが小さくなりましたので、
小さいお子様のご利用ができません。ご注意ください。

株式會社ヒュージ 安竹ゆい yui YASUTAKE
 


伝兵衛

 いつも美味しい野菜を届けてくれる麻王伝兵衛さんと
老舗の和菓子屋森八大名閣さんが力を合わせて作ったトマトゼリー「伝兵衛


美味しいトマトゼリーの中に
こだわり抜いて作った越のルービが1つ入った贅沢なゼリー。
パッケージも素敵で、隅々までこだわって作っているんだなと感じます。

県のお土産審査会で最優秀賞を取ったりと活躍している伝兵衛」ですが、
なんと全国ネットで放送されるそうです...!

7月8日の日曜日に放送されている「シルシルミシルさんデー」で
伝兵衛だけではなく、麻王伝兵衛さんも森八大名閣さんも出演されるそうで
放送されるのをすごく楽しみにしています。

麻王伝兵衛さんの方では、
ドレッシングと生トマトをプラスしたセットもあるそうなので
お中元どうしようかなぁと悩んでらっしゃる方は是非!

放送後は注文が殺到するらしいとの噂もあるので、
気になる方は少し早めに行動されるといいかもしれませんね。


株式會社ヒュージ 安竹ゆい yui YASUTAKE
 


明日へ 3.11映画祭

月曜日に高校の時にお世話になった先生にお願いして、
後輩の高校生達と話す時間を作ってもらいました。

3月10日、11日と越前いまだて芸術館で行われる
「3.11映画祭」についてお話するためです。

 

フライヤーとチケットのデザインをさせてもらったのですが、
デザインをしていくうちに高校生達(特に後輩に)観てもらいたい
という気持ちが湧いてきました。

「3.11映画祭」で上映されるどの作品も(特に森聞きがおすすめ)
すごく敏感な時期の高校生達に良い刺激を与えてくれそうな内容で
なおかつデザインの勉強になりそうばものばかり。

「ひめゆり」で文化庁映画賞大賞を取った柴田監督や
「パビリオン山椒魚」の富永監督、「ゲゲゲの女房」の鈴木監督、
女優である桃井かおりさんなんかも参加されていて
デザインを学んでいる後輩達にはぴったりだと思いました。

高校生達にどう伝えようか凄く悩みました。
着飾った言葉じゃ高校生に伝わらないのでは?と思ったので、
その場で考えた言葉をストレートに伝えました。

結果は嬉しい事に何人もの高校生が答えてくれました。
ドキドキしましたが、思い切って行動して本当に良かったです。


今立なのでちょっと遠いかなと思ってしまいますが、
どんな映画だろう?とわくわくしていたらあっという間の距離です。

高校生達だけではなく、
大人の私達もゆっくり、だけれど確実に揺さぶられる映画が観れます。
ご家族、お友達とどうぞご参加ください。

株式會社ヒュージ 安竹ゆい yui YASUTAKE

………………………………………………………………………………………………

東日本大震災復興支援企画 希望の明日へ

上映作品
1・長編ドキュメンタリー「森聞き」
2・311仙台短編映画祭映画製作プロジェクト作品「明日」
3・3.11 ア・センス・オブ・ホーム・フィルムズ(なら国際映画祭)


3.11東日本大震災から1年。
あらためてその世界に与えた衝撃の大きさを見つめなおします。
そして、今、未来を担う若者たちが、現代という時代をどう認識し、
明日への一歩を踏み出すきっかけをつかもうとしているのか問いかけます。

会場
越前市いまだて芸術館・常設展示室

上映日時
3/10 10:00〜12:05「森聞き


           13:00〜15:17「明日」
           15:30〜16:44「ホーム」
           17:00〜19:05「森聞き」
3/11 10:00〜12:17「明日」
     13:00〜14:14「ホーム」
           14:30〜16:35「森聞き」
           その後、“希望の明日へ”をテーマにトークを開催

料金
1作品1回 500円
3 作品 1,000円
※18歳以下1作品1回100円

お問合せ先 ( 観賞券取り扱い )
越前市文化センター  0778-23-5057
越前市いまだて芸術館 0778-42-2700
鯖江市文化センター  0778-52-7430

主催:3.11映画祭実行委員会 財団法人越前市文化振興・施設管理事業団
主管:越前市八ッ杉森林学習センター
協賛:社団法人福井県緑化推進委員会
企画協力:福井映画祭実行委員会、国際有機農業映画祭in池田、環境文化研究所
後援:越前市、越前市教育委員会、福井新聞社、FBC福井放送、FM福井
月刊ウララ、丹南ケーブルテレビ、たんなんFM79.1、株式會社ヒュージ

関連企画
1.パネル展示「森の“聞き書き甲子園”」 2.森のカフェ 3.震災復興支援バザール

………………………………………………………………………………………………
 


Valentine Kit.

バレンタインまであと1週間。

いつもお世話になっているあの人やお友達に普段なかなか言えない
「ありがとう」という言葉を気軽に言えるこの日が好きだったりします。
デパートに特別感のあるパッケージが並ぶのもワクワクして楽しいですよね。

プロが作ったものを購入するのもいいですが、
手作りのものを贈るっていうもの暖かくて素敵だと思います。

そんなバレンタインは手作り派の女性の皆さんに素敵なお知らせです!


いつもお世話になっているパン工房パンテスさんが
バレンタインにぴったりな「Valentaine kit」というの作ってくださりました!
このValentaine kitでチョコマフィンが6個作れます。


袋の中身はこんな感じ。
粉とチョコチップとマフィンカップが入っています。
これと、どのご家庭にもあるサラダ油、卵、お水があれば材料が揃ってしまいますよ。



それにお菓子作り初心者には嬉しいイラスト入りのレシピもついています!
失敗しやすいポイントもおさえてあって、凄く親切で便利なキットです。

ナッツやドライフルーツを入れてアレンジしてもいいかもしれませんし、
チョコペンシルや市販のお菓子でデコレーションしても可愛いですね。
シンプルで便利なキットなのでアレンジの幅もグーンと広がります。

私も週末に作ってみようと思います!
バレンタインまでもう少し!女性の皆さんがんばりましょー!


パン工房 パンテス
福井県福井市高木北2-907
Open:7:00 〜 19:00
TEL:0776-53-4366


大きな地図で見る

株式會社ヒュージ 安竹ゆい yui YASUTAKE
 


インド経済セミナー


福井にしては珍しくここ数日のお天気は安定してますね。
でも、やっぱり気温は低くて朝晩は辛いです...。
気温が低く、乾燥して、雨が降らないというのは
インフルエンザが流行しやすい条件らしいので風邪には十分ご注意くださいね。

最近、この寒さに負けないクールでとても熱いセミナーの
フライヤーをデザインさせて頂きました。
企業関係者の方が対象ですのでご注意くださいね。
熱いセミナーでクールな情報をゲットし、寒い時期を乗り越えましょう!

………………………………………………………………………………………………

インド経済セミナー
講 師:堂道秀明氏
日 時:2012年2月9日(木)13:30〜16:00
会 場:福井新聞 社風の森ホール

主 催:福井新聞社
共 催:
SMBC 日興証券
後 催:福井商工会議所、福井経済同友会

お申し込み・お問い合せ
SMBC 日興証券 福井支部
Tel.0776−21−0111 (平日 8:00〜17:30まで)

福井新聞社営業局
Mail.india@fukuishimbun.co.jp
Tel.0776−57−5152 (平日 9:30〜18:00まで)


※企業関係者対象です。

貴社名、参加人数、連絡先をお伝えください。


………………………………………………………………………………………………

インドは今後10年間で最も大きく経済成長が見込まれる国です。
多くの日本企業はインドの成長と発展を注視しながら、
様々な分野で進出を検討しています。
県内企業に将来の市場として大きな可能性を持つ
インドへの理解を深めていただくため、
インドへの投資についての課題と展望を学ぶセミナーを開催いたします。
前駐インド日本大使館・堂道秀明氏を講師に招き、
日印関係の歴史と現状、インドの産業構造の特徴、日系企業の進出状況や
今後の可能性などについて解説いただきます。

………………………………………………………………………………………………

株式會社ヒュージ 安竹ゆい yui YASUTAKE
 


今年はちょっとアクティブに

新年のご挨拶が遅れてしまって申し訳ないです。
あけましておめでとうございます。

クライアントの皆様と心を1つにして
色々な事に取り組んで行きたいと思っております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


今年はもう少しアクティブに!と思ったので、
お正月はちょっと頑張って京都に1泊2日で旅行に行ってきました。


ですが、旅の内容はちょっとゆっくりめ。
いつも京都に行ったら観光!買い物!という感じなのですが、
今回はお正月休みの京都の静かな街をゆっくりと散策するという内容でした。
街を歩いているだけでも面白い発見があり、色々と勉強になりました。

でも、折角の京都なので「京都らしい」所にもと言う事で...
祇園石堀小路にある割烹カフェ「紅蝙蝠」さんに行ってきました。
古民家を改装した割烹カフェ...なんですが、
お酒もお座敷遊びまでもが楽しめるもの凄く濃いカフェなんです。
またたどり着くまでの道のりもとっても素敵。ちょっとした迷路です。


古民家を上手く利用したレトロで可愛い内装。
金子國義氏がビジュアル・アートを監修しているらしく
カフェ内には金子氏の作品が沢山飾られていました。


頂いたのは鯛ごはんのお膳。
お正月という事で、1日・2日だけの限定でお節と白味噌のお味噌汁が出てきました。

味はもちろんのことお正月だったにも関わらず、
手を抜かず丁寧に、そして京都らしくもてなしてくれた事にとても感動しました。

丁寧な仕事
しっかりとした内容
その場所を生かした素敵な雰囲気

色々とデザインの仕事に通じますね。
また1つ自分の引き出しの中身が増えた気がします。


株式會社ヒュージ 安竹ゆい yui YASUTAKE

 


何度でも

クリスマス3連休。
皆さんはどう過ごされましたか?

私は休日を利用して
越前市ゲッコーカフェさんに行ってきました。
このカフェは、カフェでもありギャラリーでもある面白い所です。

カフェとギャラリーの境目を
はっきりと区別していない所が魅力的で
席の近くに作家さんの作品が飾ってあったりもします。
作品をゆっくりと美味しい珈琲を飲みながら鑑賞出来るのが嬉しい。

この日は石川県の版画家・陶芸家の江崎 満さんの個展が開かれていました。

行く度に展示内容が変わっているので、
今日は何の展示かな〜とあえて調べずに行くのが私は好きです。
前回訪れた時は詩の展示と小さい古本屋さんが開かれていました。

力強い作品でも繊細な作品でも
最初から展示してあったようにスッと
馴染んでしまう不思議なカフェ。
その不思議な空気を味わいに、
遠くから何度も通ってしまう方も少なくないとか...。

私もこのカフェのように何度も頼みたくなるような
デザイナーにならなきゃなと思います。
来年も色んな人や物に出会って
自分の引き出しにしまっていきたいです。



そうそう、カフェと言えば...

福井にこんなカフェがあったんだ!
と驚くぐらい沢山の素敵なカフェ情報が掲載されている
エフベリーさんから発刊された「Cafeの本」。

そんなカフェ本に「+αのあるカフェ」として
フラットキッチンが紹介されました。

フラットキッチンファンの皆さん、必見です。


株式會社ヒュージ 安竹ゆい yui YASUTAKE
 


桑の葉茶 と 嬉しい言葉

 
Photo by Hirokii Uchida

パッケージデザインをお手伝いさせていただいた

色々な方の力を借りてデザインした桑の葉茶、11月にめでたくデビューしました。
良いものが出来た!と思っても、やはり気になるのは周りの声。
どうなったんだろうとちょっと心配だったんですが、
そんな心配はご無用だったみたいで無事に歩き出しました。

ほんのり甘くて身体に優しい美味しいお茶です。
うるしの里会館の「喫茶 椀椀」で販売してますので、気になる方はぜひ。


ヒュージに入社してはや10ヶ月。
10ヶ月の間に色々なデザインをさせてもらいました。
最近、嬉しい事にクライアントの皆様から嬉しい言葉を次々と頂いています。
ちょっとした言葉でも、とても嬉しく胸にグッときます。

もっと良いデザインをしていくために、
もっと頑張らなきゃいけないので頂いた嬉しい言葉を糧に
これからも頑張っていきたいと思います。

株式會社ヒュージ 安竹ゆい yui YASUTAKE
 


1

株式會社ヒュージ グラフィックデザイン・ウェブデザイン・映像の制作会社



CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SELECT ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVE

COMMENT

LINK

PROFILE

書いた記事数:739 最後に更新した日:2017/07/31

SEARCH

HUDGEinc.

Facebookページも宣伝

OTHERS